7月のカレー「ゴア式エビカレーを、濃縮エビ出汁と、梅しそジュレで」

野菜や果物にクラシックを聞かせながら育てると、おいしくなるといいます。
カレーの場合はどうでしょう?

さっそく、プロ級ヴァイオリニストの「FF5”ビックブリッジの死闘”」を聞かせながらカレーを炊くことに。

すると!!!

・・・僕が聞き入ってしまったため、
「カレー作りが始まらなかった」
という結果でした。
こんにちは、店主です。

さて、今日は「7月のカレー」のご紹介です。
7月は、現地系カレー「ゴアンプロウン」をらんらんルー式にアレンジしました!
タイトルは!どどん!

ゴア式エビカレーを、濃縮エビ出汁と、梅しそジュレで

その前にさー、「ゴアンプロウン」ってなんなん?

ゴア=インド西海岸に位置する地名
ゴアン=ゴア州の、ゴア風
プロウン=海老

みーな
みーな

「ゴア式海老カレー」って事か!

「ゴア式海老カレー」は、ココナッツの甘み、タマリンド(インドの酸っぱいフルーツ)の酸味、コリアンダー(パクチー)のさわやかな風味が特徴のエビカレー。
濃厚な風味にご飯がぐいぐいすすむ君な、人気の料理です。

海産物が豊富にとれる地域なので、フィッシュカレーやエビカレーが特に名物のゴア。
昔ポルトガル領だったこともあり、ヨーロッパの文化も強く入り込んだ地域でもあります。
今年の「1月のカレー」で登場した、ワインビネガーを使った”ポークビンダルー”。実はコレもゴア発祥です。

海老を最大限に生かす「海老出汁」

ゴア式海老カレーをらんらんルー式にアレンジ、という事で。
らんらんルーに欠かせない存在となっている「お出汁」を使用します。
海老のお出汁と言えば、2月のカレーなどで登場した、「海老フライと、海老出汁クリームカレー」。

みーな
みーな

むちゃくちゃ人気やったわね!

店主
店主

Yes!だけど、前回とは違う味わいを出したいなと思ってな。
今回は出汁の取り方を変えたんやで!

一般的に、お出汁の取り方は素材を煮出す方法が主流
ですが実は、エビの香気成分はとても飛びやすい(揮発する)特徴があります。
できるだけ香りのロスを減らして、最大限「エビ」を楽しむ方法はないか?と模索したところ、

「凍結濃縮」という技法に出会いました。

凍結濃縮とは?

ざっくり説明すると、素材を凍らせて、その後ゆっくり解凍する方法。

みーな
みーな

お出汁を取るのに凍らせる!?

店主
店主

これをやるとね、濃縮されたお出汁が取れるんや!

早速試作してみると・・・

2人
2人

力強いけど雑味が少なくキレのいいお出汁!爆誕!!

このお出汁で作ったカレーに、らんらんルーではお馴染みとなった「オジリナルブーストオイル」を。
サバオイル、カツオイル、と来て、今回は「エビオイル」で、海老風味をUP!!

海老フリッター

ゴアンプロウンに入っている海老はフリッターではありませんが、
らんらんルー式では、海老の風味を存分に楽しめるよう、海老をフリットにしました。
海老出汁たっぷりのカレーを染み込ませると・・・

みーな
みーな

海老アンド海老アンド海老!!

店主
店主

エビチリを思い出してください。
チリソースが絡んでおいしいですよね!
アレです。海老カレーを絡めてうんまーー!てなわけです。

今回のポイント「梅しそジュレ」

現地で酸味を演出している「タマリンド」の代わりに、僕たち日本人の国民食=梅干しを使用。
以前も梅干しが登場しましたが、今回は「梅干し、大葉、鰹出汁」でジュレにしました。
カレーと別で盛っているので、お好きなタイミングで溶かしてお召し上がりください♪

ジュレにした理由は、
①暑い夏にさっぱりジュレを。
②ジュレにする事で、カレーにじわじわと溶け出し、味の変化を楽しめる。
です。

店主
店主

溶かす前~少し溶けてから~全部溶けた後、それぞれ味が違うので、是非じわじわ溶かしながらどうぞ!

スパイスふりかけ、アチャール

カレーの隣には、海老のスパイスふりかけ、彩り野菜のアチャール、パクチーが控えております。
いつもの如く、カレーとまぜまぜしながらお召し上がりください♪
※パクチー抜きできます。

店主
店主

ここ数ヶ月続いた”魚の節系”、”煮干し系”から路線を変えてみました。
また、前回の海老カレーとは別の味わいなので、皆様是非♪

「ゴア式エビカレーを、濃縮エビ出汁と、梅しそジュレで」
7月1日(木)~7月31日(土)
1日15食限定/税込980円
※テイクアウト・デリバリーOK!
※エビ増し(+200)、パクチー増し(+100円)、パクチー抜きOK!